【年中無休】24時間365日皆様をサポート

思い出残る海(大阪湾)に遺骨や遺灰を納めませんか?|海洋「花散骨」について

はじめに

昨今では、葬儀後の納骨について悩まれている方が増えています。

通常であればお墓に納めるという埋葬方法が一般的ですが、お墓を購入しない・お墓を管理できないという理由で「墓じまい」が増加傾向にあります。

墓石屋さんからも、お墓を建てるより撤去する人の方が多いという声が多くあります。

こちらでは新しい埋葬方法の選択肢である「海洋散骨」についてご紹介いたします。

海洋散骨について

海洋散骨

「かいようさんこつ」は文字の通り、海に遺骨や遺灰を撒く埋葬・納骨方法で、

  • 無宗教の方
  • お墓の購入を考えていない方
  • 海が大好きだった方

など、納骨方法について悩んでいる方からの需要が増加傾向にあります。

自然に還すということで「自然葬」とも呼ばれており、木の下に遺骨を埋葬する「樹木葬」も同じ位置づけにあたります。

https://flowly.jp/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

海に遺骨を撒くのは違法じゃないの?

という方もいらっしゃいますが、合法というより違法では無いという見解になります。

詳しくはコチラのページにてご紹介しております。

フローリーの「花散骨」とは

花散骨

昨今では海洋散骨の需要の増加に伴い、海洋散骨を行っている葬儀社や海洋散骨専門業者も増えてきています。

当社フローリーでは「花散骨」を行っております。

花散骨とは、遺骨や遺灰とともに生のお花「生花」を海へ撒きます。葬儀や埋葬を行う際、宗教に関わらず世界中でお花を供えるということが一般的です。

お花に興味が無い方もたくさんいらっしゃいますので、不要であればお花のご準備はいたしませんが、特に要望が無ければこちらで旬のお花をご準備しております。

お花が大好きだった方は、仕入れ状況や季節によりますが愛着のあるお花があればご準備させて頂いております。

一般的には、

  • 百合
  • 薔薇(バラ)
  • 胡蝶蘭
  • カーネーション
  • デンファレ
  • トルコ桔梗

などになりますが、ご指定のお花があればお伺いいたします。

どうしても、季節によって手に入らない花材がありますので、その場合は市場に出回っている花材をご準備させて頂きますことをご了承下さい。

※尚、散骨する遺骨に付きましては火葬後の遺骨のみとなります。

チャーター船

チャーター船

フローリーでは最大20人~25人の方が乗船できる船をご準備しております。一般的に散骨を行う船より一回り大きく、船体が大きい分揺れも少なく安定しているためです。

そして、他の遺族の方たちと乗り合いなどではなく、完全貸し切りのチャーター船になりますので、ご家族・ご親戚だけで思い出やお偲びの時間をゆっくりとお過ごしいただけます。

親族・親戚が集まって乗船するのも良し、家族だけで散骨を行うのも良し、喪主様のお考えの方法で海洋散骨を行えます。

トイレ・キャビン

トイレとキャビン(客室)をご準備しておりますので、散骨場所までの道中や、濡れてはいけない手荷物・貴重品等はキャビンにて保管できます。また、万が一気分が悪くなってしまった場合、キャビンにてお休みいただけます。

散骨ポイントまで外で景色を眺めながらの航海ももちろん大丈夫です。

「ジャパンツーリスト」さんやその他上場企業さんなどと業務提携している会社の船長さんが同行・操縦の上での航海となりますので、「安心」と「安全面」ではご心配ありません。

安全面への対策

ライフジャケット

陸地と海上では環境が全く違いますので、国土交通省の法律でも制定されている「ライフジャケットの着用」は、どんな理由があろうと必ず行って頂きます。

ライフジャケットを着用は生存率が2倍以上と言われており「命」に係わります。

ライフジャケットを着用出来ない方の乗船はお断りしております。

そして、服装につきましては、動きやすい格好をオススメしております。

海洋散骨は弔い事・仏事となり、喪服の着用が望ましいという方もいらっしゃいますが、船上では安全面を第一としておりますので、普段着やスポーツ着が望ましいです。

靴につきましても、革靴やヒールなどは避けスニーカーなど、安定性がありバランスの取れる靴をオススメしております。

そして、船酔い対策としては、前日に良く眠り万全の体調で望むことが良いのですが、乗り物酔いに良く効く薬があったりもします。

アネロン

エスエス製薬さんから販売されている「アネロン」です。

何人かの船長さんに聞いてみたところ声を揃えて「アネロンが効」くとおっしゃっておりました。

バス釣りやルアーフィッシングで有名な「王様」や「ジム」の愛称を持っている村田基(むらたはじめ)さんも、アネロンを船酔い対策の薬として紹介しておりました。

乗船の30分~1時間以上前に服用することがオススメです。

持続性製剤なので効きめが長く、乗車船の30分前に服用することで安定した効きめを発揮。長時間にわたり乗り物酔いを予防します。

引用元:アネロン

※船に関わらず、車酔いなど乗り物酔いには個人差があり、車は大丈夫だから船も大丈夫ということはありません。前日の休息や安眠、当日の薬の服用が100%効くという保証はありません。

また、アネロンなど船酔いの薬に関しては、当初でのご準備は行っておりませんので、各自での準備をお願いいたします。

乗船場所について

乗船場所

大阪府泉佐野市住吉町の港より出航いたします。

当社スタッフと待ち合わせをし、駐車場までお進み頂きます。駐車場でのトラブルにつきましては、責任を負えませんので貴重品などはお手持ち頂き、施錠をお願いいたします。

散骨場所について

散骨場所

基本的には大阪湾での対応となり、淡路島付近や明石沖・和歌山県の白浜沖なども対応可能ですが、燃料費として最低限の追加費用は発生いたします。

特に希望のポイントが無ければ、船長さんお勧めの場所へと向かいます。

【和歌山県白浜沖での施行事例】

白浜散骨1

白浜町の港にて待ち合わせを行い、12人の家族で乗船・出港しました。(※掲載には許可を得ています。)

白浜散骨2

【千畳敷(せんじょうじき)】

白浜散骨3

【三段壁(さんだんへき)】

円月島

【円月島(えんげつとう)】

千畳敷・三段壁を周り、円月島付近に到着しました。

白浜散骨4

細かく粉砕された遺骨・遺灰を散骨しました。

白浜散骨5

散骨後は記念撮影を行いました。スマートフォンやカメラを持参の方はスタッフが撮影を行います。

白浜散骨6

【帰港】

生前に旅行や海が大好きだった方で、特に白浜に思い入れがあったようです。今後も定期的に家族で白浜旅行に来たいとおっしゃられておりました。最年少で8歳、最年長で83歳の女性の方が乗船されましたが、船酔いなども特に無く笑顔溢れる楽しげな姿が見受けられました。

海洋花散骨のプラン内容について

当社では他の遺族との乗り合い(合同)乗船は行っておらず、完全貸し切りのチャータープランになります。

付属内容は

  • 最大25名様のご乗船
  • セレモニースタッフ同行
  • ライフジャケット貸し出し
  • 生花のご準備
  • 遺骨粉砕作業
  • 焼香または献花のご準備
  • 骨壺処分
  • 散骨証明書

となり、余計な追加費用が無いようなプランになります。

また、ご希望であれば「献酒(けんしゅ)」という形で日本酒や焼酎・ワインなどを遺骨やお花とご一緒に海へと撒くこともできますので、ご準備いたします。(※酒類の指定はできません)

オプションとしては、白浜など遠方への航海や寺院(お寺様)の手配、プロのカメラマンによる写真撮影でのアルバム作成です。

※飲食物の販売は行っておりませんので、各自持参をお願いいたします。

海洋花散骨の費用について

平 日200,000円(税込)
土・日・祝日250,000円(税込)

散骨のみのご依頼でしたら上記の料金にて受け承っております。

フローリー花散骨プラン170,000円(税込)

フローリーでの葬儀後の海洋散骨では上記の特別料金になります。

「少し高い?」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、信頼のおける船長と葬儀・セレモニースタッフの同行による「安心」「安全」「満足」な海洋散骨プランになります。

海洋散骨の流れ

問い合わせ・予約を行って頂き、ご希望の日時や人数・散骨場所を確認いたしますまた、申込書と同意書に必要事項を記入して頂く必要があります。(※当日、悪天候の場合は延期という形で予約を取り直して頂きますのでご了承頂ければと存じます。)

矢印

後日遺骨をお預かりし、細かく粉砕させて頂きます。

矢印

当日、泉佐野市の船着き場付近にてスタッフと待ち合わせを行い、青空駐車場まで誘導いたします。その際、遺骨壺をお返しいたします。

矢印

船長さんの準備が整いましたら、乗船・出港となります。

矢印

到着までゆっくりとお過ごし下さいませ。

矢印

散骨場所に到着しましたら、ご希望であれば焼香や献花を行っていただき、たくさんのお花とともに故人様の遺骨・遺灰を海へと納め、お偲びの時間を取らせて頂きます。

矢印

携帯電話やカメラにて撮影などを行っていただき、お別れをお済ませ頂きましたら帰港になります。

矢印

「散骨証明書」を後日送付させて頂きます。

散骨証明書

※必要であれば遺影写真やお位牌を持参して下さい。

無料で事前相談・見積もり»ご質問がございましたらお気軽に問い合わせ下さい。

海洋散骨が一番人気ですが、その他さまざまな散骨方法があります。

メリット・デメリット

メリット

  • 寺院への永代供養と比べ費用が安い
  • お墓の購入より費用が安い
  • 維持費がかからない
  • 海に撒いたということで思い出になる

永代供養料やお墓の購入などが必要ありませんので、費用を抑える事が出来ます。海が大好きだった方は喜ぶ埋葬スタイルだといえますが、生前に海洋散骨を希望されるか確認しておいた方がよいでしょう。

デメリット

  • まだまだ普及段階の為、周りの理解が必要
  • 一度撒いてしまうと、遺骨が手元に返ってこない
  • 天候によっては延期の場合がある
  • 船酔いする人もいる

「海に撒くなんて信じられない・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんので、家族や親戚と良く話し合って決めましょう。また、全骨を散骨すると手元には絶対に返って来ませんので、心配であれば遺骨の一部を散骨することが望ましいです。

まとめ

こちらでは「海洋花散骨プラン」についてご紹介いたしました。

散骨だけの希望でも問題ありませんが、当社にて葬儀を行って頂きますと費用がお得になります。

墓じまいが増えていますので、新しい納骨方法として需要が増加していくと思います。

笑顔で楽しく故人様を偲べる・・・それが海洋花散骨プランになります。

フローリーの家族葬»フローリーの家族葬|93,500円(税込)~

公開日 2021年9月25日|最終更新日 2022年1月29日

関連記事