岸和田市・貝塚市・和泉市など泉州地域で家族葬や自宅葬をお考えならフローリーまで|家族葬プラン最安93,500円(税込)~

家族葬と一般葬の違いや費用について

はじめに

昨今では家族葬が大半になり、一般葬や社葬と言う言葉はあまり聞かなくなってきました。

また、新型コロナウィルス感染症の影響により、家族葬でも更に人数を減らしたり、ご家族のみで行う形式の葬儀が増えてきています。

こちらでは家族葬と一般葬の違いやお葬式の費用、また家族葬は安いのか?についてご紹介いたします。

家族葬と一般葬の違いについて

皆様のイメージでは、ご家族・ご親戚のみに参列をしてもらい料金が安いお葬式が家族葬、自治会や近所の方・会社関係・友人や知人の方などを幅広く呼び、祭壇を豪華にする葬儀が一般葬というイメージをお持ちだと思います。

しかし、家族葬と一般葬それぞれの定義や決まりと言うのは実はありません。

お葬式にご遺族・ご親戚のみの参列を予想していてたのにも関わらず、友人や近所の方・会社関係の方が多く参列され、皆様が思われる一般葬になってしまう場合も多々あります。家族葬とは一般の参列者を呼ぶ予定が無い、または参列者をあらかじめ限定しご親戚・親しかった方のみに参列を頂き、ある程度費用を抑えた小規模の葬儀が「家族葬」となり、一般葬は友人や知人など一般の方に参列してもらい、昔ながらの儀式や風習を重んじたお葬式を「一般葬」です。

まとめてみると、参列者を最小限に限定し予算を抑えたい気持ちがあるお葬式が家族葬といえ、家族のみのお葬式でも、大勢参列される葬儀でも喪主(家族)が家族葬だといえば家族葬になります。

お葬式の流れをご案内>>家族葬の二日間の流れ

直葬や火葬式と家族葬は別?

家族葬は宗教者を呼ぶ場合や無宗教であっても、故人様と過ごす時間を持つことが1番の目的で、直葬や火葬式では火葬を行うこと・費用を最小限に抑えることが目的となります。

直葬や火葬式でもお別れは行えますが、故人様とゆっくり過ごすには家族葬がいいといえます。>>直葬と火葬式について

現在では家族葬が8割以上?

家族葬は20年程前から徐々に普及しており、現在ではその割合が8割・9割以上とも言われています。

その理由としてはいくつかあり、自治会や隣組など近所付き合いをする方の減少であったり、高齢化社会により故人様とゆかりのある方が参列出来ない・連絡が付かないなど、昔と違い人との付き合いが薄くなっているということが関係しています。

また、葬儀への価値観が下がり費用をあまり掛けたくない・故人様の遺言で「お葬式には費用をかけないで欲しい」などの理由もあります。

家族葬は安くて一般葬は高いイメージ

家族葬の平均総額費用は100万円前後といわれています。

安いから家族葬にすると言う方も多くいらっしゃいますが、家族葬だから安いということではなく、費用を抑えることができるということです。

何が違うのかと言うと、人数によって大幅に変わる食事や返礼品などの変動費・参列者が少なく祭壇の豪華さを重視しなくていいという部分です。ひと昔前は参列者が多い場合、近所や知人同士で祭壇の豪華さを競ったりなど、見栄を張る部分も多く見られましたが、昨今では「家族葬で小規模」が当たり前になっていますので、気にされる方は少なくなっています。

結果的には、金額の面で家族葬は費用が抑えることができ(安い)、一般葬は費用がかかる(高い)ということになるのです。

人数や規模の大きさの違いがあり、参列者への接待や対応による喪主様の心身的な疲労度合いは違って来ますが、葬儀の流れ自体は家族葬であっても一般葬であってもさほど変わりありません。

フローリーの家族葬>>岸和田市・堺市・貝塚市・泉州で家族葬ならフローリー|125,000円(税込)~

家族葬が費用を抑えることが出来る理由

一番大きいところでいえば、祭壇の規模(大きさ)や飲食費・参列者への返礼品など数を抑えれることが出来る部分です。

例えばプラン料金(祭壇費用)を20万円抑え、飲食費(ご親族2日分で6,500円とし×人数分)が10人分少ないと6万5千円、一般の参列者への返礼品(500円×2日×人数分)が30人分少ないと3万円抑えることができ、これだけで合計約30万円の費用が安くなり、人数が多ければ多い程費用もかさみます。家族のみでお葬式を行い、返礼品が不要で食事は自分たちで行う場合はその分が丸々かかりません。

また、葬儀社の価格競合により相場が大幅に下がっているという理由もあります。しかし、お葬式は故人様のために行う儀式でありますので、自身の考えだけで行わず、故人様の遺志を1番に尊重しご家族の意見も聞いてあげるのが理想といえます。

家族葬には誰を呼ぶの?

誰を呼べばいいという決まりはありませんが、ご家族やご親戚とよく話し合って決めることがよいといえます。

本来、故人様のためのお葬式になりますので自身一人で全てを決定せず、故人様の遺志やご家族の意見も尊重する・聞いてあげることが大切です。故人様が誰に参列してもらいたいと思っているのかはご家族でも分からなかったりし、なかなか難しいといえます。

終活・お葬式の準備として、自身がエンディングノートを記すことが一つの方法であり、確実ともいえます。>>訃報・不幸の連絡について

エンディングノート>>エンディングノートを無料で進呈しています。

お寺さんはどうしよう・・・

無宗教であれば宗教者を呼ぶ必要はありません。

しかし家に仏壇があったり、代々信仰している宗教・宗派があれば尊重されるのがよいと思います。宗教者の維持・サポートもありますし、何よりご親戚の間で問題や揉め事にもなっては困ります。中には珍しい宗教だから隠したい雰囲気の方も多くいらっしゃいますが、信教の自由がありますし、信心する気持ちは大切で素晴らしいことだといえます。

昨今では宗教者が2人・3人と複数来られるお葬式も無くなっています。「家族葬だから御布施(お礼)が安い」というイメージがあると思いますが、それは誤解になります。家族葬だからといって、宗教者がお経を飛ばす・省略するなどは基本的にはありませんが、通夜式を行わず葬儀告別式のみを行う「一日葬」であれば、通夜の儀式を省略します。 >>御布施・お礼の相場について

お寺さまをご紹介>>当社紹介であれば、宗教者を50,000円より手配いたします。

家族葬の施工事例

施行内容金額
シンプル家族葬プラン395,000円(税込)
火葬場:岸和田市立斎場20,000円(税込)
宗教者へのお礼(檀那寺)220,000円(税込)
お食事無し(0円)
お供え供花1対22,000円(税込)
参列者への返礼品500円×10個=5,000円(税込)
総額費用662,000円(税込)

お客様が家族葬(自宅葬)を選ばれた理由

  • 人を多く呼ぶとゆっくりお別れが出来ないから家族だけで送ってあげたい。
  • 費用をそこまでかけたくない。
  • 自宅は故人が1番好きだった場所だったから。
  • 葬儀会館だと落ち着かない気がする。

岸和田市の自宅にて行った家族葬をご紹介いたします。コロナ禍ということで家族のみ6名様でのお葬式で、宗教者は付き合いのあるお寺様に通夜式と告別式に来て頂きました。初七日法要はお骨上げの前に行う、式中初七日法要というかたちで執り行いました。参列者はお断りということでしたが、念のために返礼品(粗供養品)の準備をし、食事は仕出し屋さんを頼まずに自宅にて行いました。家族葬プランによって料金が変わってまいり、宗教者へのお礼につきましてもお寺様によって異なります。家族葬の総額費用の平均が約100万円といわれていますが、フローリーでは割と安い料金で充実した内容のプランを準備しております。

まとめ

結果的に費用面で家族葬が「安い」というよりは「費用を抑えることができる」といえます。

お葬式の時ぐらいしか親戚が集まる機会が無いという声を良く聞きますが、昨今では新型コロナウィルス感染症の影響もあり、参列者が大幅に減少しており会食も行わないことが多いので、親戚が集まって故人を偲ぶ機会が無く寂しいという声も良く聞きます。

葬儀への価値観は人それぞれですが、故人様のおもいを1番に尊重し、ご家族・ご親戚で良く話し合って決めるのが1番だといえます。

公開日 2021年4月11日|最終更新日 2021年10月12日

関連記事

最近の記事

  1. 坊主丸儲け?お寺さんは稼いでウハウハ?な噂話の実際と現状について

  2. 葬儀会社のスタッフ58歳女性が御布施の中身10万円を盗んで逮捕された件について

  3. 葬儀のプロ集団!?一級葬祭ディレクターをご存じですか?

  4. 忌中と喪中の違いについて

  5. コロナ禍の「リモート」「オンライン」葬儀や参列について、合わせて費用やメリット・デメリットをご紹介いたします。

  6. アレ?中身が入っていない?香典や御霊前の中身が空っぽだった場合の対処法や防止策について

  7. 家族葬の二日間の流れ

おすすめ記事

LINEでの相談・見積り受付中

アーカイブ